マイナンバーの収集代行について

2016年1月から、社会保険や税などの行政手続きで、マイナンバーの使用が始まっています。

企業では、社会保障や税の手続きのために、社員や扶養家族だけでなく、従業員や個人事業主からのマイナンバーの収集が必要となります。
情報の漏えいなどを防ぐため、マイナンバーの取り扱いには厳しい安全管理措置が求められています。



最近注目を集めているのが、収集代行です。


マイナンバーの収集代行を利用する場合、様々なメリットがあります。大手の収集代行サービスでは、収集や保管などの業務をワンストップで提供しています。


書類審査からデータ化までの作業を行い、情報の漏洩リスクを減らしています。収集キットを利用することによって、運用をすぐに始めることができます。
データー化したデータは、厳しいセキュリティ対策を講じているデータセンターで安全に保管しています。


収集対象者の環境を選ばず、収集方法は書面郵送とWebの2つのパターンを用意しています。
法定調書は、電子申請用データ作成以外に、紙にも印刷することができます。

収集キットを利用することで、書面の案内などを作成することができます。

料金については、相談の内容に応じて見積もりを出してくれます。
対応可能な法定調書についても、気軽に問い合わせることができます。
資料が欲しい場合は、ホームページから資料を請求することができます。

一流の東京新聞の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

マイナンバーの収集代行を行っている会社は多いのですが、収集代行会社を選ぶときは、実績があり、信頼できる会社を選ぶことが大事です。

マイナンバーの保管関する便利な情報が満載です。